読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大体ゲームについての愚痴やらなんやら 

永遠のニワカが色々的外れな事を言うブログ

最近買った本の紹介

最近()で買ったコミック・ライトノベルで気に入ったもの、気になったものの紹介でもしようかなぁと。ラノベとコミックと2冊ずつを2回に分けてやろうかね。

まずラノベから

               2014/9/10発売

    春休み、僕の前に現れたのはアリスに瓜二つの姉、紫苑寺茉梨。
        「有子と一緒に暮らして、守ってあげたいの」
    紫苑寺家の当主が危篤で、面倒くさい遺産相続問題にアリスも

            巻き込まれそうなのだという。
    アリスに付き添って赴いた病院で、起きてしまった殺人事件。犯

    人だと疑われて拉致されたアリスを助け出すため、事件を調べて

    いくうちに、僕はアリスの秘められた過去に触れ、紫苑寺家の闇

を垣間見ることになる。そして宿命的に訪れる、探偵との別れ――感動の最終章。

                            (公式サイトから抜粋)

最近とはなんだったのか……大人気を誇った神様のメモ帳の最終巻。発売の音沙汰もなく、著者が新シリーズを始めていった(元々何作かを平行して出している人なので気にはならなかったんだけど)のもあり、「杉井光さんはいつ終わってもいいように毎巻締めてるから神メモはもう8巻で終わったんだよ」「アニメの出来が〇×△□で書く気が無くなったんじゃないか」と言われていました(風の噂)が、8巻の発売からちょうど三年が経った2014年9月10日に発売されました。なお、三年かかった経緯を著者は「メインキャストがみんなヨーロッパに行っていてスケジュールの都合がつかなかったのです。」とブログで答えている。(もちろんジョーク)

自分が初めて手にしたライトノベルがこの本……ではなく、同じく杉井光さんが書いたさよならピアノソナタでした。ちょうど電撃マオウで赤坂アカさん(現在『ib -インスタントバレット-』電撃マオウで連載中)がコミカライズを手掛けていた時で、コミック→原作の順で知り、原作をまとめ買いしたのが3年と少し前の事。その流れでアニメ化もされたこの作品を知り、これまた1~8巻をまとめ買いしました。それ以来本屋による度にライトノベルをまとめ買いすることが多くなり、この有様です

(´ω`)灼眼のシャナをまとめ買いした時はヤバかった。お年玉がガガガ。

紹介になってねぇ……まぁ今更まとめ買いするワイみたいな人も稀有やろ。

 

『WHITE ALBUM2』パルフェ 〜ショコラ second brew〜』この青空に約束を―等を手掛けた丸戸史明さんと『水平線まで何マイル?-Deep Blue Sky & Pure White Wings-』『失われた未来を求めて』等で原画を手掛けた深崎暮人さんのタッグ(※上記に上げた中で自分がプレイしたのは『WHITE ALBUM2』のみ)で描かれるオタクによるヒロイン育成ラブコメ。現在アニメ放送中。アニメ化&『WHITE ALBUM2』丸戸史明さんが書いているとの事で2月始めにまとめ買いしました(ミーハー)

原作は7巻&FDの計8冊でており、今度2月20日に『 Girls Side』が発売されます。

金髪ツインテールツンデレの幼馴染・黒髪ロング黒ストの先輩・自分を慕ってくれる後輩・非オタのいとこ、とよくある結構なヒロイン陣だが、メインヒロインがこれといった特徴がない・影が薄い、といったキャラ付けをされている珍しい(多分)作品。髪型がショートボブ→ショートポニー→ポニーテール→ロング→ショートボブと作中で複数回変わっているのも珍しいかなぁ。殆どの作品では1巻の表紙はメインヒロインのことが多いが、なんと7巻まで表紙を飾ることがなかった。お約束だがイラストで見る限りどう考えても美人である。個人的感想としては「一緒にいて苦にならない女子を突き詰めたもの」個人的にはポニーテールが好き

少し気になったのが4巻で追加されるいとこヒロインの美智留。彼女の言動の節々から『WHITE ALBUM2』サブヒロイン和泉千晶が浮かんできて、少し「ん?」となりました。脳内再生してる声が千晶と一緒なのも原因の一端だけどね。