読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大体ゲームについての愚痴やらなんやら 

永遠のニワカが色々的外れな事を言うブログ

最近買ったゲーム ミラクルガールズフェスティバル

口調がバラバラになるのは仕様。

 

『MIRACLE GIRLS FESTIVAL』

2015年12月17日にSEGAからPSvita向けに発売された今作、売りとしてはやはり、11作品22曲にも及ぶアニメ曲の音ゲーというところだろうか。(22曲というのは音ゲーとしては少なめだが、制作会社も多岐にわたるアニメ曲を1つのゲームにまとめたのは驚くべきことだと)

買った経緯としては「年末だから所持金ギリギリでも平気っしょ」というかなり軽いノリで友人と一緒に買ったが、意外と余裕がなかった……まぁなんとか地元に帰れそうなのでよしとしよう。

 

とりあえずツアーモードをクリアして、ある程度プレイしたので感想やら。なお、今作は同じSEGAが開発している初音ミク -Project DIVA-』シリーズゲームエンジンを使っているので、どうしても初音ミク -Project DIVA-』シリーズと比べてしまうがご了承を。

 

まず良かったところ

・すべての曲にFULLバージョンがある

 今作はすべての曲に、TVサイズバージョン(約1分半にまとめたもの)と1曲丸ごとプレイできるFULLバージョンがある。これは他の音ゲーではあまりないのではないかと思う。DIVAでも元々短めの曲しかFULLでは収録されていない(「パラジクロロベンゼン」はBPMを上げてFULLで収録しているがこれは普通しない)

・コールが付いている

 これは人によるかもしれないが、このゲームはライブフェスにアニメのキャラを呼んでライブをしているという設定なので、コールや歓声がデフォ(嫌な人はオプションからON/OFFを選べる)ただ、譜面の一部がコールに合わせているところがあった(多分)ので、「男の声なんか聞きたくねぇよ!」という人以外は出来る限りONにしていた方がいいかと。個人的にはコールと歓声が入っている方が楽しかった。

モデリングとダンス

 キャラのモデリングはかなりいい。DIVAはカマキリ顔とか言われていたけど、今作はアニメキャラを3Dモデルにうまくできてる。正直DIVAより好み。

 ダンスの方は実際に見たわけではないのだけど、どうやらイベントでのライブのダンスを再現しているのだとか。イベント等に参加していた人には嬉しいものではないかと。

・録り下ろし音声

 インサートトーク(画面右上にキャラが出てきて喋る)やライブ終了後、ツアーモードのDAY終了後など、あらゆるところでキャラが喋ってくれて飽きさせない配慮がある。残念ながらクー子は収録されていないが……。

 

悪かったところ

チュートリアルが雑

 あまり初心者に配慮されてないなぁと。まずゲームが始まるといきなり寸劇が始まり、基本操作の画面とミラクルフィーバーについての説明画面が出た後、GO!GO!575の「コトバ・カラフル」難易度EASYが始まる。ちょっといきなりすぎませんかね?

 そしてここで基本操作の画面を読んでよくする勘違いが、リズムゲーム中は同時押し以外は十字キーを使わない、という勘違い。実際は難易度EXTREMEになると3連符やそれ以上の連打がバンバン来るので、右手だけだと手を攣ったり、ボタンがバカになり安くなったり。このゲームのEXTREMEプレイ動画見て「こんな譜面ボタン逝かれるわwwww」とかいう奴がいますが、 DIVA2nd/extendの「初音ミクの激唱」EXTREMEレベル持ってきてから言え。

 

f:id:adukar:20151227043809j:plain

では実際はどうなのか。チュートリアルに出てくる上の画像にはないが、リズムゲーム中は十字キーはボタンと同じ働きをします。十字の上は△、右は○、下は×、左は□ボタンを押すと同じです。

なお、説明書(紙・ゲーム内の電子両方)には書いてあります。説明書読めってことだね。なので△の連打が来た場合は△と十字キー上を交互に押すことで片方で押す回数を減らすことができ、疲れにくくなります。

てかボタン壊れるわーとか言ってる奴はボタン押すだけなのにどんだけ力入れてんの?バカなの?

・メロディアイコンの配置・飛んでくる方向の見難さ

 DIVAと比べて一番差が出てるなぁと思ったのがココ。ホント見辛いしやり辛い。

このゲームはDIVAゲームエンジンを使用しているので、メロディアイコンの位置と飛んでくる位置も動きまくり、タイミングは音楽&タイミングゲージ(メロディアイコンの中にある時計の針のようなもの)、そして一番の判断材料としてメロディアイコンの間隔があるのだけれど、これがてんで駄目。タンタンタンタンの間隔で右下に○○、左上に××と分かれていることがあったり、タンターン  タン なのに○○○と隙間なくメロディアイコンが並べられていたり。前者はDIVAでもあるにはあるが、メロディアイコンの飛んでくる方向で視線誘導してくれている。が、今作は視線誘導のへったくれもない。画面上の方にメロディアイコンがあるのに更にその上から飛んできたり、飛んでくるメロディアイコンが交差したり。DIVAのエディットで素人が作ったんじゃないんだからさ、もうちょっと何とかならなかったものか……

・システムが音ゲーとしては……

 落第騎士の英雄譚、アニメ面白かったですね!(他意はない)

 ・難易度HARDクリアおめでとう! あ、EXTREMEはまださせないから

 ・難易度変更?曲選んでから一々変えてよ

 ・メロディアイコンと音楽のズレ?そっちでなんとかして

 

最後のはイチャモン

 まず一つ目は下の画像のようにBINGOを完成させなければHARD FULL以上の難易度でプレイすることはできません。EXTREME FULLでプレイしたい場合、難易度NORMALを判定SAFE以上だけでクリア・難易度HARDを総合評価EXCELLENT以上でクリア・この曲でミラクルコイン(クリア毎にもらえる)を累計10000枚獲得 の項目をクリアしなければならず、少し面倒。

f:id:adukar:20151227043759j:plain

ちなみにEXPANDはメロディアイコンが極小で飛んでくる。URAはメロディアイコンの飛んでくるスピードがアップ&SAFEでもボルテージが減って0になるとゲームオーバーになる。

 

 二つ目はこちら。比較に初音ミク -Project DIVA F2nd-』の画像

 難易度毎に分かれてないんですね。曲を選んでから難易度変更をしなければならないのでこれも少し面倒。

f:id:adukar:20151227043817j:plain
f:id:adukar:20151227045229p:plain

 

 三つめ。これはイチャモン。最初プレイした時全然タイミング合わなくて、「デレステばっかりやってたからこんなにも下手になっていたのか」と悲しみにくれましたが、タイミング補正やったらあっさりでした。なんやねん。補正いらんぐらい完成させろや。vitaのDIVAはタイミング補正無しで完璧やぞ。

所々30fps切ってるんじゃ……と感じた所があったので処理落ちからの音ズレかなぁ

 

総評

音ゲーとしては及第点ギリギリ。アニメキャラゲーとしては最高。PV見てるだけでニヤニヤしながら時間つぶせる。あ、小紅の胸はアニメには劣るけど揺れるらしいです。らったった らったったった ふぅふぅ

DLCの欄があったので、曲追加に期待。

 

真冬の夜、デレマスアニメ曲メドレーを聴きながら